菜の花学園の特徴

教 育 方 針

“強く 正しく そして明るく”

(1)思いやりのある優しく素直な子

(2)明るく大きな声であいさつのできる子

(3)協調性に富み、みんなと仲良く遊べる子

(4)我慢して最後まで頑張れる子

        (5)よく工夫し、よく考える子






(1)小さな園の特色を活かし、家庭的な雰囲気の中で、子ども達との触れ合い、
保護者の皆様との交流に力を入れ、一人ひとりに十分目の行き届いた、教育・
指導を行っていきます。

 

(2)地域の為の教育施設で、地域の人々との交流を深めていきます。

 

@ 幼・小の連携強化

今の子ども達は、異年齢との交流が少ない為、人に対する思いやりが希薄だと
言われています。幼・小の交流により、小学生は自覚と責任感が、園児は基本
的な人間関係や自我が育つと期待しています。放課後は、園庭、遊戯室等を地
域の子ども達にできるだけ開放し、交流の場を広げていきたいと思います。

 

A お年寄りとの交流

核家族化の進行により、幼児がお年寄りに接する機会は、ますます少なくなっ
ています。今の私たちが失いつつある、昔の日本人気質の良い所(他人への思
いやり、助け合いの心、物を大切にする気持ち等)をお年寄りとの交流の中か
ら、今一度見つめ直してみたいと思います。

 

(3)保護者同伴での通園

保護者と話をしながら登降園することにより、@近所の人とあいさつをする習
慣 A交通ルール・マナーの勉強 B体力づくり等、自然に身につくと共に、
何より、保護者の皆様と園の教職員とのコミュニケーションが図れます。